書名:ドイツの学校には なぜ 「部活」 がないのか 
非体育会系スポーツが生み出す文化、コミュニティ、そして豊かな時間

ドイツ在住ジャーナリスト 高松平藏 著 丨プロフィール

晃洋書房 四六・194頁・定価 本体1800円+税 ISBN 9784771034310


【内容】


いじめ、体罰、ギスギスした人間関係、崩壊する地域社会…
日本で起こる様々な問題を、この国の視線で一度考えてみませんか?

じつは、ドイツの学校は午前中で終わります。
じつは、ドイツのサッカー強豪チームは、スポーツクラブの一部門だったのです。
じつは、ドイツの都市は、赤の他人が集まってもうまく交流できるように作られているのです。
じつは、ドイツではスポーツの監督、先生も「おまえ」と呼ばれます。
じつは、ドイツには「スポーツバカ」は少ないのです。

「部活」ではなく、地域のスポーツクラブにて、老若男女がともにいきいきとスポーツを楽しむドイツのスポーツ文化とは?

晃洋書房さんのサイトで新刊を「チラ見」できます。こちらをクリック


目次


第1章 だからドイツの学校は午前中で終わる
1 午前中で終わるドイツの学校
第2章 だからスポーツが長く続けられる
1 スポーツクラブとは何か
2 平日でも子供から大人まで
第3章 だからスポーツで交流できる
1 多様な社交 ─西欧型の社会構造
2 ソーシャルアクションとしてのスポーツ
3 ドイツの若者が大人っぽい理由
第4章 だからドイツのスポーツではいじめがない
1 ドイツでいじめが発生しにくいのはなぜか
2 ドイツのスポーツクラブには体罰、怒鳴り声、しごきがない
3 「タメ口」カルチャーは先生にも「おまえ」
4 タメ口カルチャーをつくった「ヤーン・コンセプト」

第5章 だからドイツには「スポーツバカ」がいない
1 スポーツは「遊び」という定義はなぜ、わかりにくいのか
2 親はスポーツに何を期待するか
3 キリスト教とスポーツ
4 才能があれば「引き上げる」
5 「スポーツバカ」がいないドイツ
終 章 スポーツは社会の一部、そして社会を作るエンジンである

参考文献
あとがき

Amazonのページ晃洋書房さんのページその他の高松平藏の本

セットでどうぞ『ドイツのスポーツ都市: 健康に暮らせるまちのつくり方』(学芸出版)。この2冊、どういう関係なのでしょう?詳細はこちら

著書に関するニュース

【2021年1月13日】国定勇人さん(前三条市市長)が拙著の感想をブログに書いてくださいました。

個人と社会との関係、コミュニティの個人(及び社会)に対する寄与度、個人(及び社会)の政治行政に対する捉え方(≒地方分権の成り立ち)などが随所に散りばめられた、何らかの社会的活動に携わっている方々には是非読んでいただきたい

この地に尽くす!〜国定勇人(くにさだいさと)の日記〜

【2021年1月6日】晃洋書房さんによるTweet


【2020年12月11日】重版出来決まりました。


【2020年11月30日】発売開始しました。


【2020年11月16日】ドイツの拙宅に到着。出版前に手にするというのは著者の特権(?)ずっとモニターを通して見てきたので、紙とインクの匂いがする「モノ」としての本が新鮮です。




【2020年10月14日】アマゾンでの予約始まりました。 アマゾンのページはこちら