2020年、高松平藏の2冊の著書には相関関係があります。その関係とは?

『ドイツのスポーツ都市: 健康に暮らせるまちのつくり方』(学芸出版 2020年3月)
『ドイツの学校には なぜ 「部活」 がないのかー非体育会系スポーツが生み出す文化、コミュニティ、そして豊かな時間』(晃洋書房 2020年11月30日 Amazonで発売中


〈News〉『ドイツの学校には なぜ 「部活」 がないのか』重版出来きまりました。(Amazon
〈News〉晃洋書房さんのサイトで新刊『ドイツの学校には なぜ 「部活」 がないのか』を「チラ見」できます。こちらをクリック


インターローカルジャーナル 最近の記事

真面目でないと怒られる日本のスポーツ

昨年12月に津田塾大学でオンライン講演をする機会があった。同 ...
続きを読む

津山市とドイツ地方都市に見る共通点:資源の全体最適化

日本の地域を見ると、多くの「資源」があるのに、地域内全体で最 ...
続きを読む

書評との対話

朝日新聞2021年2月6日付に拙著「ドイツの学校には なぜ『 ...
続きを読む

コラム:IT、台湾を羨みつつ考えるべきこと

コロナ禍で、最新の技術を軽やかに導入している台湾を羨む声があ ...
続きを読む

コラム:オリンピックの是非、倫理から議論をすればどうか

オリンピック開催について、コロナ禍で1年近く延長・開催・中止 ...
続きを読む

コラム:ごっついスポーツマンも社交ダンスをするドイツ

社交ダンスが盛んなドイツ。政党、職業別など各分野で行われる舞 ...
続きを読む

クリスマスツリーと都市内循環系

新年早々、タイトルに「クリスマス」の文字を見て驚いた方も多い ...
続きを読む

欧州からアメリカへ伝播する「緑の思想」 第4回

若者の反抗から「持続可能性」へ(最終回) 公開日 2020年 ...
続きを読む

外国に報じられ始めた、日本スポーツのまずい実態

今年10月、日本の学校で柔道部顧問が生徒に暴行する事件がおき ...
続きを読む

コラム:コロナ制限下、クリスマスのための家族会議

今年のクリスマス市場は「コロナバージョン」。しかし12月16 ...
続きを読む