2020年、高松平藏の2冊の著書には相関関係があります。その関係とは?

『ドイツのスポーツ都市: 健康に暮らせるまちのつくり方』(学芸出版 2020年3月)
『ドイツの学校には なぜ 「部活」 がないのかー非体育会系スポーツが生み出す文化、コミュニティ、そして豊かな時間』(晃洋書房 2020年11月30日 Amazonで発売中


〈News〉新刊『ドイツの学校には なぜ 「部活」 がないのか』がAmazonで発売開始
〈News〉晃洋書房さんのサイトで新刊『ドイツの学校には なぜ 「部活」 がないのか』を「チラ見」できます。こちらをクリック


インターローカルジャーナル 最近の記事

欧州からアメリカへ伝播する「緑の思想」第2回

頑固じいさんに若者が心酔した 公開日 2020年11月25日 ...
続きを読む

コラム:「生きづらい」という言葉が出てきた理由

2020年11月16日 文・高松平藏(ドイツ在住ジャーナリス ...
続きを読む

欧州からアメリカへ伝播する「緑の思想」 第1回

アメリカ社会の肌触りとは? 公開日 2020年11月12日 ...
続きを読む

コラム:地方都市の産業史と陶器工房

2020年11月11日 文・高松平藏(ドイツ在住ジャーナリス ...
続きを読む

都市の魅力や活力は、人々の健康を左右する

当サイト主宰の高松平藏が第2回目の「インターローカル サロン ...
続きを読む

2冊のスポーツ本の相関関係とは?

今年は2冊の本を出版することができた。しかし両方ともスポーツ ...
続きを読む

コラム:コロナ禍の行列と中心市街地

2020年10月12日 文・高松平藏(ドイツ在住ジャーナリス ...
続きを読む

オリンピックの代わりに何を考えるべきか? 第4回

「相手任せ」になる日本の理由(最終回) 公開日 2020年1 ...
続きを読む

悩ましい、コロナ禍のクリスマス市場

2020年9月30日 文・高松平藏(ドイツ在住ジャーナリスト ...
続きを読む

Fridays For Future:今年は分散化、コロナ受けて

市街地で行われたデモ。コロナ禍でのデモの条件のひとつがマスク ...
続きを読む